導入文が入ります。
ウェルクスでは、企業理念に基づいて社会問題の解決に貢献するサービスを展開しています。 待機児童問題、高齢化問題に始まり、今後も各時代に発生する社会問題の解決に貢献できるサービスを構築・運営していくことで、弊社に関係する全ての人々の幸福を追求していきたいと考えています。

  • Keywordmapを選んだ理由は
    『効率化』

    ウェルクスでは、企業理念に基づいて社会問題の解決に貢献するサービスを展開しています。 待機児童問題、高齢化問題に始まり、今後も各時代に発生する社会問題の解決に貢献できるサービスを構築・運営していくことで、弊社に関係する全ての人々の幸福を追求していきたいと考えています。

    待機児童問題の背景には保育士の不足があります。保育園で働けるスタッフの充足こそが解決の糸口であると考え、我々は保育士専門の人材紹介業というかたちでサービスを立ち上げました。

  • リライトで狙った流入、
    順位を獲得できるように

    おもにキーワードDB、競合獲得ワード、共起語分析※を使って新記事作成やリライトをしていますね。 まず、企画段階で検索Vol.や対策するのに適切な時期を調べるためにキーワードDBを使います。 その後、競合獲得ワードで、各キーワードの自社順位、競合順位を調べ、共通しているキーワード領域で戦うか戦わないかの判断をします。最後に、対策キーワードの共起語分析を行い、記事を制作するという流れです。

  • 広告文を編集せず、
    抽出したキーワードだけでCV数が190%改善!

    弊社における後発のサービスに「飲食のお仕事」という求人サイトがあるんですが、こちらの検索連動広告(リスティング広告)でコンバージョンがあまり発生していなかったという課題がありました。

    そこでKeywordmapを使い、出稿しているキーワードに関連しているワード群を軒並みに抜き出し、かつ競合他社が出稿しているキーワードを抽出しました。 これらのキーワードをすべてExcelで形を整えて、該当する広告の出稿キーワードに設定しただけなんですが、コンバージョン数が約3倍になりました。 広告文やほかの設定は一切変えていません。 リスティングの該当キーワードを変えただけです。それで、厳密にいうとコンバージョンが190%、インプレッションが194%、クリック数が191%改善して、CPAが一気に下がって集客コストをすごく抑えられたんです。

  • オススメ機能3つで、
    2倍、3倍の成果

    重複してしまいますが、やはり①競合獲得ワードと②共起語分析と③キーワードDBですね。 競合獲得ワードは自社と他社のキーワードの差分が確認できるので、自社の立ち位置がわかるというのがすごいですよね。ワード単体で追えるという点もありがたいです。

    共起語分析は一番役立っています。 対策キーワードと関連したワードをコンテンツ内に散りばめて、改めて最大限の効果を発揮できるというものになるので、記事の構成もそうですし、校閲でも「これが入っていない」という確認ができるので、非常に助かっています。